一人暮らしの部屋探し 失敗しない賃貸物件選び

失敗しない一人暮らしの賃貸物件選び

新しくひとり暮らしをはじめる動機は、人によりまちまち、様々な理由があるでしょう。

 

進学や就職で、これまで住み慣れた家から引っ越す必要がある人。

 

一人暮らしに憧れて、待望のひとり暮らしをする人。
それまで、親兄弟と暮らしてたけど事情があって一人暮らしをしなければならない人。
会社から転勤でどうしても、家族と離れて単身赴任しなければならない人。

 

ひとり暮らしは、自由にできる時間があったり、快適なといった場合もあるけど、家の事やお金の管理など全部ひとりでしなければなりません。

 

一人暮らしをストレスなく送るためには、まず、一人暮らしをするための住まいをしっかりリサーチして選ぶ必要があります。

 

一人暮らしのための賃貸物件の部屋探しや引越しの秘訣など、引越しが終わった後に失敗したと悔やまないための情報をお伝えしていきます。

後悔しない部屋探しの秘訣

一人暮らしの成功の秘訣は、、まず自分に適した部屋探しです。
そのためにも、情報集め借りたい物件を自分の目で確かめて、納得した物件で契約しましょう。

 

けれども、最初部屋探しで、自分に合った物件っていったいどんな物件なのかわかりません。

 

何はともあれ、賃貸物件を探す時に必ず押さえておきたいキーポイントをご案内します。

 

自分が支払える家賃の上限を確認する

部屋を借りる上で重要なポイントは家賃です。
月々支払える金額でなければ、一人暮らしはできません。
家賃の上限は、共益費なども入れた総額でが収入の3分の1が目安です。

 

よって、月収20万円の人なら6万円〜7万円くらいを限度として物件を探すのが良いと思われます。
ここで自分の収入ではちょっと無理をするような物件を選ぶとそれ以外の生活費をカットすることになり、何かあった時に家賃が支払えず、家賃を滞納するといったことになってしまいます。

 

住みたい地域を決める

通勤や通学に利便だったり、ずっと夢見ていたおしゃれな町に住みたいなど、人それぞれ住みたい場所があると思います。
賃貸物件を探す時に、物件の条件で「○○駅で徒歩5分以内」などと限定してしまうと、希望条件に合った物件を探すのが難しくなります。
また、条件にピッタリでも、家賃が自分の払える金額ではなくなってしまいます。
物件の地域を決める際は、同じ沿線で何駅か余裕を持たせたり、駅から少し離れた物件などの場所の条件の幅を持たせるといいでしょう。

 

入居の希望日はハッキリさせよう

転勤や進学、就職などの場合は入居の希望日は確定していると思いますが、良い物件があったら引っ越したいと思っている人は、入居の希望日が明確に決まっていない場合もあるでしょう。
はっきり入居希望日が固まっていないと、物件を探すために不動産会社に行っても営業担当の人は、物件を紹介できません。
物件を探す際には、長かったとしても2ケ月後には転居をすることを決めた段階で物件を探しましょう。

 

物件の条件の優先順位を決めよう

物件を探す際に、色々と希望している条件があると思います。
家賃はいくらでも出せる場合は100%条件が合う物件もあると思いますが、そんな人はなかなかないと思います。
どうしても譲れない条件は、クリアにして、住居に求める条件の優先順位を決定してから物件探しをしましょう。

 

こだわるポイントとしては、
築年数、日照、バルコニーの向き、洗濯機置き場、マンション、アパート、バストイレ別、フローリング、2階以上、オートロックなどの優先順位を控えておくと、物件を紹介され悩んだ時にチェックすることができます。